洗浄力より潤い重視で選びたい洗顔料

顔を洗うために必要な洗顔料ですが、最近は石鹸タイプやジェルタイプ、チューブ入りや泡で出てくるものなど様々な製品が販売されています。

どの洗顔料を見ても洗浄力をウリにしている製品が多いのですが、選ぶ際に最も重要なことは洗浄力ではなく、肌を正常に保つことが出来るかどうかということです。


特に男性向けのは、顔の汚れや脂を根こそぎ落としますといった様な商品が多く、汚れや脂が気になる男性の支持も高いようです。

しかし洗浄力の強さ=肌のツッパリを引き起こす可能性が高いですし、油分を根こそぎ落とすことが必ずしも正しい洗顔ではないようです。

顔の油分には、肌の乾燥を守る効果があるため、必要な量というのが決まっているようです。要するにバリアの役目をしているわけです。

そのバリアを全て取り払ってしまうと、確かに汚れは無くなるので綺麗にはなりますが、顔の水分の蒸発を防ぐことが出来なくなり、結果的につっぱるという状態になります。それが長く続けば肌荒れや肌が白く粉を吹いたような状態になるため、決して良い状態とは言えなくなります。

洗顔料を選ぶ際に重要なのは、肌に必要な潤いを残せる商品を選ぶことです。最近では肌と同じ弱酸性の製品や、洗顔石鹸というクリーム状の製品も販売されていますから、そちらを使用すると肌を綺麗にしながら正常な状態に保つことが出来るのではないでしょうか。

テンデシカはソフトピーリング効果もある炭酸コスメです。アミノ酸洗浄成分で優しく洗顔できますよ。
⇒詳細はコチラをクリック