歯医者さんに教わった歯磨きで口臭対策

私は接客業についているので、口臭については常々気になっていました。

しかし夫に聞くのも恥ずかしいし、自分ではどうやってもわからないし、セルフチェックができるような機械を買うのもなんだかなあ、と思っていたんです。

そんなとき右の奥歯が痛み出し、どうやらこれは虫歯だということになったので、歯医者さんへ行って来ました。

引っ越したばかりだったので、近所で通えるところを探したため、初めて行く歯医者さんでした。

そこで虫歯の治療のついでに口臭についても聞いてみようと考えました。

ところが私がその話を出す前に、まず歯周病のチェックが始まったんです。

右の奥歯はなんと虫歯ではなく、歯周病の初期の症状だということでした。

私は全体的に軽度ではありましたが、症状が出始めているということ。

そして歯周病が口臭の原因になっているかもしれないという話だったんです。

そして歯医者さんが教えてくれたのが正しいはみがきの仕方でした。

普通は歯磨きの上の面の部分を歯に当てて磨くものだと思うのですが、そうではなく、歯磨きの毛先が歯茎の際に当たるようにして磨くとよいのだそうです。

全体が終わったら、次は歯ブラシの毛先5mmくらいのところを歯の隙間に差し込むようにして(歯ブラシは横に使う)歯の間の汚れを掻き出すようにすること。

そのために歯ブラシは常に新しいもの毛先が曲がっていないものを使うべきだというアドバイスをもらいました。

それから数回定期検診のためにその歯医者さんへ通っていますが、歯周病も良くなってきていますし、口臭もほぼないはずだと言われていますよ!

また、なたまめを使った歯磨きが口臭や歯周病というのを知りました。
【本当の効果がわかる】なたまめ柿渋歯磨きの口コミ

詳しい情報はこちらでどうぞ。

歯周病にも効くみたいだし買ってみようかな。