ひと手間加えたおいしい中華丼

昨日は主人に夕ご飯を作ってもらいました。レトルトの中華丼があったのですが、それをご飯にかけて食べるのは量も少なく味気ないので、チンゲン菜とタケノコを加えることでボリュームを出して作りなおして食べようという主人の案です。

私にはピンとこなく、それなら思いのものを作ってみてと任せる事にしました。

チンゲン菜などは私にしてみれば使い道のない野菜なのですが、主人が炒めるとパッときれいな緑色に変わり鮮やかになります。それに大きく大胆に切ったタケノコを加えて炒め、鶏がらスープの素や塩コショウなどで味を一度つけ直します。そしてレトルトの中華丼を鍋にあけ温めて出来上がりです。

丼ぶりに炊きたてのご飯をたくさん入れ、その上に出来上がった中華丼をかければいつもよりきれいでボリュームのある中華丼が出来上がります。色がきれいなので食欲も湧いてきます。熱いけれども冷めるまで待てないおいしさに大満足です。ご飯もどんどんすすみ、おいしい夜ご飯をいただきました。